小学生の子供が文章を読むのが苦手について

小学生の子供が文章を読むのが苦手のこと

小学3年生で本読みがたどたどしのであれば、まだ読みの練習が足りないのかもしれません

 

また、単語がわからずに一文字一文字読んでいるような感じになっているかもしれません

 

このような場合は、先生にお願いしてフォローしてもらう必要があります

 

家でも家庭学習を行う必要があります

 

家でも読み書きの学習を毎日しっかりやらせましょう

 

読み書きが苦手ですと、今後の授業にも影響を与えますので、文字が読める、意味が理解できるレベルまで家で学習させてください

 

文章の意味がわからないと、教科書を読んでも意味を理解できない事になります

 

子供がしっかりと言葉を覚えているかを知るのに、本読みが大事です

 

本読みで子供が文字を読めているか、本読みの感想を聞くことで文章の意味を理解できているかがわかるからです

 

子供に本読みをさせて、たどたどしければ読み書きの練習をさせてください

 

文章を読む事が苦手な子供の場合の原因としては

 

読むのが苦手な場合

 

そして

 

書いてある文字が読めない場合

 

この2つがあります

 

文字が読めて、スラスラと読む事ができない場合は文章を読むのが苦手だという事がわかります

 

この場合は、家で絵本を読む練習をさせるようにしてください

 

そうすれば、文字を声に出して読むという事に慣れてきますから

 

最初から上手に読ませようとしないでください

 

子供のペースに合わせて読ませるようにして、読み終わったら褒めて上げるようにしましょう

 

最初は上手にできなくても褒めてあげる事で子供は読む事が楽しくなってきます

 

楽しくなってくれば、本を読む事が好きになりどんどん文字を読めるようになるでしょう

 

また、絵本や教科書で読めない漢字などが多い場合は、漢字の読み書きの練習をするといいでしょう

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

小学生の子供が文章を読むのが苦手関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する