子供に自己イメージをさせる事について

子供に自己イメージをさせること

自己イメージとはなんでしょうか?

 

自分の事をどうイメージしているか?です

 

自己イメージは自分に対する評価です、子供の頃に自己イメージをさせて

 

自分は何でもできる! 大人になったら成功者になる!等

 

高い自己イメージをさせる事で、そのイメージに向かって努力できるようになります

 

テレビで活躍しているスポーツ選手も、自分は過去最高のプレイヤーなんだという自己イメージを持っています

 

子供の自己イメージは、親が作るといってもいいでしょう

 

親に、あなたは何でもできる、失敗しても次は絶対成功できる等とポジティブな言葉をかける事で子供は自分の評価を高めていく事ができます

 

子供が自分の将来を具体的に思い描けるか?

 

それが自己イメージだと思ってください

 

これがしっかりとできていれば、どんなに勉強やスポーツが辛くても諦めるとうい事をしません

 

なぜなら、目標があるからです

 

自己イメージができていると、強い決意が生まれます

 

この気持がある子供は勉強でもスポーツでもしっかりと結果を残す事ができるでしょう

 

やる気が違うんですよ、そのため、親は子供に自分の将来を思い描けるようにする事が大切なんです

 

将来は野球選手、東大に入学する なんでもいいですがポイントは「なりたい自分を想像させる事です」

 

そうすれば、理想とする自分に向かって努力をすることになります

 

簡単にいえば目標を子供にもたせて、それを実現可能だという事をわからせることです

 

勉強をしっかりやれば100点取れるんだ!

 

厳しい練習をすれば試合に出て結果が出せるんだ!

 

このような成功体験を多く経験させる事で、自分ならやれる、必ず目標を達成させるという気持ちになります

 

このような気持ちにさせる事が本当の意味での、教育かもしれません

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する