手を使う事で脳を育てる事について

手を使う事で脳を育てること

人間に一番近いといわれている、サルと人間は何が違うのか?

 

大きな違いは、手を複雑、繊細に使える事です

 

手を複雑に使える事で人間の脳は進化してきたのです

 

手を使う事で、脳が刺激されシナプス(神経細胞)が活発に増加していくのです

 

手を複雑に使うおもちゃでお勧めなのが、積み木 です

 

積み木は手を使うだけでなく、どこに置けばいいのか、置いたらどうなるのか

 

倒れずに置くためにはどうすればいいのか

 

このようなイメージや創造する力がつきます

 

イギリスの小児科医のk・s・ホルトの研究では、年齢によって積み木の塔の高さが変わってきます

 

1歳2ヶ月で2個 1歳半で3個 2歳で6個 3歳で9個

 

このように年齢を重ねるにつれて、知能も発達しているのがわかりますね

 

手を使う事を覚えたので人間はここまで、文明を発達させて、色々な研究が出来るようになったとされています

 

つまり、私達の祖先が手を使わなかったら人間は誕生していなかったのかもしれません

 

ある歴史家も、手を使った事で他の哺乳類とは違う道を進む事が出来たと言っているように

 

手を使う事で脳はどんどん発達していきます

 

そのため、赤ちゃんの時から手を使うような、おもちゃや遊びをやらせるようにしてください

 

そうする事で、言葉や身体を動かすという力も高くなります

 

手を多く使う事で脳全体が発達していきますから、その他の脳が司る部分を強化する事ができるのです

 

赤ちゃんの時から、手を使う事、できれば指を使う遊びやオモチャを与えるといいです

 

指を繊細に動かすというのは脳の刺激に凄く良い影響を与えますので

 

つかむ、ひねる、握る、このような指の動きをする遊びをするといいでしょう

 

お勧めは、じゃんけんをしたり、積み木をさせたりする事で脳はどんどん発達していきますよ

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

手を使う事で脳を育てる関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する