子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい事について

子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたいこと

子供をスポーツ選手にしたいから、運動能力と高める育て方をしたい

 

運動能力にもクリティカルエイジがあります

 

それは、0歳〜3歳です

 

この年齢で運動能力の基礎を作る期間です

 

この年齢の時に、公園で遊ばせたり、色々な身体を使うおもちゃで遊ばせる事で運動神経が刺激されます

 

0歳〜3歳の期間で運動能力を高めると、その後も新しいスポーツを始めても運動神経が鍛えられているのでスムーズにそのスポーツの対応できます

 

お勧めの運動

 

水泳・かけっこ・サッカー

 

このような運動がお勧めですし、子供でもルールもあまり知らなくても簡単にできるのでいいですよ

 

子供に難しいルールを覚えさせるのは難しいですから

 

ボールを蹴ればいい、投げればいい、当てればいい

 

など簡単なスポーツをさせると子供もすぐに理解して楽しく遊ぶ事ができますよ

 

子供の運動能力を高めるには、運動させる事が大切なのです

 

そうすれば、どんどん筋肉が強くなり、運動神経もよくなりますよ

 

もちろん、将来プロ野球選手にしたいから子供に野球をやらせている親もいます

 

最初は、野球を好きになるように上手い下手に関係なく、楽しく褒めてやらせるようにしたほうがいいでしょう

 

子供が野球を好きになれば、自分の意思で練習をするようになります

 

このようになれば、自然とうまくなっていきます

 

まずは、そのスポーツを好きになるようにすること

 

技術はその次でいいです

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する