赤ちゃんの脳を育てる離乳食について

赤ちゃんの脳を育てる離乳食のこと

赤ちゃんの脳は生まれてからドンドン成長していきます

 

成長するには、栄養が大切です

 

栄養のある離乳食を食べる事で、グリア細胞が増えていきます

 

グリア細胞とは、神経線維を保護するカバーを作る役割があります

 

このカバーは脂肪の一種であるコレステロールでできています

 

大人はコレステロールは動脈硬化の原因であるのであまり良い印象はないでしょう

 

しかし、赤ちゃんにとっては重要なのです

 

なぜなら、コレステロールがないと神経線維を保護する事が出来なくなってしまいます

 

お勧めなのが、卵 です

 

卵は良質なコレステロールを含んでいますので卵の離乳食を与えましょう

 

さらに、アミノ酸やタンパク質も大切ですので、大豆食品、肉、魚もバランスよく与えましょう

 

必須アミノ酸を含んだ離乳食を食べると、脳の神経伝達物質であるセロトニンが増加する事がわかっています

 

これにより、情報伝達をする機能が高くなるのです

 

ようするに頭の回転の早さが早くなります

 

脳は刺激を受けて発達しようとしているのに、栄養や神経を保護する成分がなければ意味がありません

 

そのため、先程も書いたように、卵や大豆、肉、魚類をしっかりと食べさせるようにしましょう

 

これらの食べ物を赤ちゃんが食べやすいように、柔らかくして細かくして食べさせてください

 

離乳食を作ると言うと、難しく考えてしまいがちですが、そんなに難しく考える必要はありません

 

赤ちゃんが食べやすく、消化しやすいように、細かく柔らかくして食べさせればいいのです

 

また、赤ちゃんは甘いのが好きなので甘めな味にすると赤ちゃんは喜んで食べてくれますよ

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

赤ちゃんの脳を育てる離乳食関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する