子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない事について

子供が小学の高学年ですが、勉強についていけないこと

子供が学校の授業についていけない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

まず、担任の先生に相談してフォローしてもらうようにします

 

さらに、家でも学習をさせます

 

子供が小学4年生であれば、3年の教科書から子供がわからない部分をしっかりと理解させていきます

 

特に算数でつまずく子供が多いですので、お母さんやお父さんがしっかりと教えてあげましょう

 

そうすれば現在の授業についていく事ができます

 

注意したいのが、子供がなかなか理解してくれなくても怒ったりしないことです

 

子供が勉強を嫌いになってしまうと、どんどん勉強をしなくなります

 

時間がかかってもいいので、しっかりと理解できるようにしましょう

 

このように毎日、家で学習を続けていけば間違いなく基礎学力が上がり、授業に追いついていきます

 

子供の成長や理解度は早いですので、いったんスイッチが入ればあっという間に勉強をクリアしていくでしょう

 

学校では他の子供もいますから、一人の子供につきっきりで勉強を教えるというのは難しいです

 

そのため、家で学習させる必要があります

 

または、家庭教師を利用する方法もあります

 

経済的に家庭教師を雇うのは難しいのであれば、親が家で勉強を教えてあげてください

 

まず、宿題を一緒にやります

 

そうする事で子供がどこで躓いているのか?がわかってきます

 

そうすれば、その躓いている部分を教えて上げることができます

 

大人であれば、小学生の数学などは簡単にできると思いますので、親も先生になった気分で教えてあげてください

 

教える時に注意したいのが、叱ったりしない事

 

叱ってしまうと子供は勉強をするのが嫌になります、また今日も叱られるのか・・・という気持ちが出てきてしまい勉強を覚えるという気持ちが出なくなりますから

 

逆効果になるのです

 

まず、子供に勉強の楽しさを教えるようにしましょう

 

出来ると楽しい、勉強は楽しいという気持ちが出るようになれば勉強をどんどんやって学力が高くなります

 

そのためには、褒める事です

 

どんな小さいな事でも褒めてあげて子供のやる気を上げてください

 

そうすると、子供もやる気を出し、その結果、勉強が出来るようになる

 

このような良い流れを作る事ができれば、すぐに他の子供に追いつく事ができるでしょう

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する