頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番について

頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番のこと

赤ちゃんが生まれてから、脳ではグリア細胞と樹状突起が急激に増えます

 

グリア細胞は、脳の神経細胞に栄養と酸素を送る非常に重要な細胞です

 

さらに、脳の神経線維を保護する役割もあります

 

わかりやすくいえば、テレビの電気コードがありますよね?

 

電線を保護している黒いプラスチックを作る役割が、グリア細胞にあるのです

 

シナプス(神経線維)に僅かな電流が流れて情報を呼び起こします

 

この電流によって、脳の神経細胞どうしがつながり合っているのです

 

この電流が正常に流れるように、先ほど書いた電気コードを保護するように、脳の神経線維を保護しているんです

 

この保護するためには、不飽和脂肪酸が大量に必用になります

 

母乳にはこの不飽和脂肪酸が大量に含まれているのです

 

神経組織が正常に保護されていると、電気が流れやすくなり素早く情報を伝達する事ができるので、脳の回転が早い脳が作る事ができます

 

このように、母乳はシナプスを発達させるのに必要な成分を全て満たしている栄養ドリンクと言ってもいいでしょう

 

難しい事は考えずに、赤ちゃんがお腹一杯になるまで母乳を与えれば

 

脳はしっかりと発達していき、シナプスの数も急激に増えていくでしょう

 

まるで、蜘蛛の巣のようにシナプスが張り巡らされるので、情報伝達のスピードが格段に上がります

 

情報伝達のスピードが上がれば、物覚えが良くなったり、昔の記憶がスムーズに思い出したり、頭の回転も早くなります

 

しかし、母乳が出にくいというお母さんも多くいます

 

そのため、最近ではミルク育児をしているお母さんも多くいますが

 

そのお母さんが心配なのは、ミルクでもシナプスは発達するのか?

 

ではないでしょうか?

 

ミルクでも母乳に負けないぐらいシナプスを発達させる事ができます

 

昔のミルクとは違い、成分や吸収率も母乳を研究して作られているので

 

ミルク育児でも、シナプスや脳の発達には問題ないでしょう

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する