子供に英語教育をしたい事について

子供に英語教育をしたいこと

昔であれば英語の教育は中学校からでしたが、今では小学生から英語を教えている学校も多いです

 

このため、小学校に入学してから子供が困らないように幼稚園の頃から英語を教えている家庭も増えています

 

最近の会社は英語が出来て当たり前のような風潮があります

 

インターネット通販大手の楽天では、国際競争力を上げるため会社の会話は全て英語にしてしまうほどです

 

その影響からか、子供が小さい頃から英語を学ばせる親御さんが増えていますね

 

その需要に応えようと、幼稚園側も英語を使った遊びや教育を積極的に行なっています

 

小さい頃であれば、アルファベットを読めたり、ABCD と書けたりできれば問題はないでしょう

 

ひらがな、カタカナ の練習と並行してアルファベットの読み書きもさせてあがると

 

英語の基礎学力もどんどん伸びていきますよ

 

子供の頃から英語に触れていれば、英語アレルギーにならずにスムーズに頭に入ってきます

 

ただし、優先順位は、カタカナ、ひらがな の読み書きを優先させてくださいね

 

その後で英語の勉強をさせるという流れがいいでしょう

 

勉強時間の割合も、日本語の8割、英語2割ぐらいでいいでしょう

 

英語に関しては、ABCDなどの基本のアルファベットや、犬や猫の英語の名前を教えたりするぐらいで丁度いいです

 

あまり、過度に教えてしまうと日本語と英語がごちゃごちゃになってしまい

 

余計に頭がこんがらがってきますので

 

子供の頃は英語に慣れるという事を重点的におこないます

 

英語の発音を聞かせたり、アルファベットを読ませたりする事で英語アレルギーをなくしていきます

 

小学生に上がる前の英語の勉強はこのような内容で十分です

 

小学生になったら、英単語などを覚えさせるといいでしょう

 

このような流れで英語を勉強させてください

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

子供に英語教育をしたい関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
頭をよくするビタミン
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する