頭をよくするビタミンについて

頭をよくするビタミンのこと

赤ちゃんや乳幼児の脳を発達させるには、ビタミンも欠かす事はできません

 

ビタミンは身体の潤滑油のようなものです

 

脳の発達にはこのビタミンが必用になります

 

特にビタミンB群は脳には非常に大切です

 

脳の神経組織(シナプス)にはビタミンB1が多く集まっています

 

情報の信号を神経細胞から他の神経細胞に伝える時にビタミンB1を多く使うからです

 

ですので、情報の伝達を早くするためにはビタミンB1が大切です

 

ビタミンB2 は脳や身体の成長を促す力があります

 

ドンドン成長していく赤ちゃんや乳幼児には必ず必用なビタミンです

 

ビタミンB6 イライラを予防して夜泣きを防ぐ効果も期待できる安眠のビタミンです

 

ビタミンC は毛細血管を発育させる効果があります

 

毛細血管は栄養を運ぶ道路みたいな役割がありますので脳に栄養を行き渡らせるのに必用です

 

ビタミンD は頭の骨(頭蓋骨)の成長に欠かすことのできないビタミンです

 

これらのビタミンも重要ですので、離乳食からしっかりと食べさせるようにしましょう

 

このように、色々なビタミンをバランスよく与えるようにしましょう

 

ですが、あまりビタミンを考えすぎてしまい離乳食が作れないという事にならないようにしましょう

 

普通に、魚、野菜、肉、をバランスよく与えればいいだけです

 

それほど難しく考える必要はないですよ

 

離乳食の食材に、肉や魚、野菜を使うだけでいいです

 

魚は、骨が無いシーチキンを食材に使ってもいいですからね

 

野菜は柔くにてすりつぶして食べさせたり、お肉も小さく切って柔らかく煮てたべさせてもいいです

 

このように、基本的に、細かく、柔らかくして食べさせてあげればいいです

 

楽しく離乳食を作れるようになれば、育児ももっと楽しく感じますよ

 



子供を天才に育てあげる子育て術 ←

頭をよくするビタミン関連エントリー

赤ちゃんの脳の発達に母乳が最高の栄養
赤ちゃんの脳を育てるには、ミルクより母乳がいい訳
頭の回転が早い脳を作るには母乳が一番
新生児の脳を発達させるにはスキンシップが大切
頭のいい子供に育てないなら、生後6ヶ月まで子供と一緒にいる事
ゆりかごや高い、高いは赤ちゃんの脳を発達させます
話かけたり、子守唄は赤ちゃんの脳を発達させる
赤ちゃんを1人にしておくと脳の発達が遅れます
赤ちゃんの脳の発達に遊園地がいい
おもちゃのガラガラは赤ちゃんの知能を高める
おもちゃを与えないと知能の発達が遅れます
赤ちゃんのいる部屋を工夫する事で脳の発達を促す
ハイハイしたらベビーサークルを取り外しましょう
赤ちゃんの脳を育てる離乳食
甘いものは脳の発達を遅らせる
よく寝る子は脳の発達も早い
幼い時に英才教育は逆効果
テレビばかり見させないようにする事
手を使う事で脳を育てる
赤ちゃんの行動を制限すると大脳の発達が遅れます
2歳になったら右脳トレーニング
頭をよくする栄養や薬はあるのか?
生後1ヶ月から1歳までの脳を発達させるトレーニング
家庭学習のやり方
5歳児の学力の目安はあるの?
子供の脳の発達にお絵かきは重要
小学生になったらどういう教育をさせたらいいの?
小学生になって教育に力を入れても駄目?
小学生の子供が文章を読むのが苦手
子供が小学の高学年ですが、勉強についていけない
子供に英語教育をしたい
1歳未満の子供に習い事をさせたほうがいいのか?
子供が言葉を話す基準
幼稚園や保育園に行かせても家で勉強させたほうがいい?
クリティカルエイジの時に学習
子供に自己イメージ(将来像)をさせる事で学力が上がります
子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる
幼児教育の役割
子供を変えたいのなら親も変わる事
子供のIQを高めるには
言語能力を高める
子供を絶対音感にしたい
絵やデザインが得意な子供にしたい
子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたい
数学が得意な子供にしたい
子供の脳全体を活性化させて発達させる方法
田舎や都会に子供を連れて行って脳を刺激する