幼児教育、赤ちゃんから始める子供を天才にする教育について

幼児教育で自分の子供を天才にする

自分の子供を天才にしたい!

 

こう思っている、お母さん、お父さんは非常に多い

 

まぁ、天才にしたい

 

とは思わなくても

 

人よりも、いい大学、いい会社に就職できるような子供に育てたい!

 

そう思う、親が大半でしょう

 

しかし

 

どうやって、育てれば

 

他の子供よりも、頭が良くなるのかわからない・・・

 

そう、口にするお母さんが多いですね

 

これは、当然

 

だって、お母さんは、教育の専門家ではないから

 

そうでしょ?

 

例えると

 

学校の先生ではないのに、30人の生徒に勉強をいきなり教えてと言われたら

 

上手く教える事はできませんよね?

 

自分が勉強するのと、教えるのとでは、全然違いますから

 

だから

 

どうやって、子供を教育、育てていけばいいかわからない・・・

 

子育ては基本的に、親がやりますので

 

親の教育の仕方1つで、子供の頭の良さが決まると言っても言い過ぎではないでしょう

 

そのためには

 

早い段階から、適切な教育をする事で

 

子供の潜在的な能力を引き出す事ができます

 

幼児教育の現場で、良く言われる事ですが

 

脳が発達している段階で、適切な教育をすれば

 

驚くほど、知能が高まります

 

どういう事かと言うと

 

子供を0歳から教育することで、天才脳にする事ができます!

 

脳が発達する時期にあわせて教育をすることで

 

脳がそれに対応するように発達していくので

 

限界値が、どんどん、高くなるので

 

それに比例して

 

他の子供よりも、頭の回転、記憶力が高くなります

 

ですのでこの時期に

 

英語や絵、音楽など教育をしていけば脳もそれに対応しようとしますので

 

天才脳に近づく事ができるでしょう

 

野球で有名なイチローも、3歳からバッティングセンターで練習していたそうです

 

普通の人は

 

3歳から、バッティングセンターに連れて行くのは危ない

 

ボールが当たって怪我をしたらどうするの?

 

と、連れていかないですよね?

 

でも、そうしたら

 

今のような、イチローは誕生していなかった

 

この事からも、どれだけ幼児期の教育や訓練が大事だという事がわかってもらえると思います